TOP  >  OUR VALUE  >  Value to Customer

Value to Customer

弊社のご支援領域


・『よい技術は多くあるが、利益につながらない。』
・『よい商品を投入しても、早期に価格競争に陥り、利益につながらない。』
・『よい商品を投入しても、部材が手配できず、需要を最大限に取り込めない。』
・『見込みがはずれ、多くの残材を抱えてしまう。』 


不確実性の高い現代の経営環境において、爆発的なヒット商品を生み利益を謳歌し続けるのは至難の業です。
そこで、よい技術・よい製品がよい経営効果を生み出すという、『モノと利益の正しい循環サイクルの構築』を以下弊社マネジメントフレームワークを通じてご支援致します。

Value to Customer
*クリックして拡大

【VISION&STRATEGY】『あるべき姿』の検討と意思統一


【仕組】『あるべき姿』を自立的・効率的に機能させる為の、
     以下4視点による『仕組』の検討・構築・導入


(1) プロセス 情報流商流・物流の最適化
(2) システム 情報システム・ITインフラ整備
(3) 組織 役割・権限・評価制度の再構築
(4) マネジメント プロセスシステム組織を有機的かつ効率的に連携させるためのガバナンス力強化

【資産】『仕組』を通じて『あるべき姿』を生み出す、
     以下4視点による『資産』の整理・蓄積と資産効率(ROA)向上


(1) Knowledge 知識・ノウハウの最大活用
(2) Technology 技術力・設備のポートフォリオ化と徹底活用
(3) Money 無駄の徹底排除と集中投下
(4) Culture DNA/Way/Ismの醸成と共有
*